All posts by admin

骨気で手軽に小顔マッサージ

普段から少しでも小顔になりたいと考えている女性は多く、顔を小さくみせるメイク方法やヘアスタイルに気を使っている方は少なくありません。しかしこういったお手入れを行うよりも、ベースとなる顔を小顔矯正で整えることによって、手軽に小顔を手に入れることが出来るようになります。小顔矯正というとコストや時間がかかってしまうのでは?と躊躇してしまう方も多いですが、実はコツをつかめば自宅でも手軽にセルフケアで行うことが可能になります。
その方法の一つが「骨気」です。この骨気とは韓国の伝統的な民間療法であり、日本国内では主に小顔矯正に効果が高い美容施術として若い世代の女性を中心に人気が高くなっています。骨気の大きな特徴の一つが骨と筋肉に直接圧をかけることで、効果的にアプローチを行い中に蓄積している老廃物を体外に流す事を目的としています。
今まで体の老廃物を流すお手入れとしては、エステサロンなどで行われるリンパマッサージなどが挙げられますが、リンパマッサージは筋肉をほぐすことでリンパの流れを改善することを目的としていますが、継続して行わないと血流やリンパの流れが悪くなる元の状態に戻ってしまいます。
しかし骨気なら歪んでしまった顔の骨格を、手技によって圧をかけて矯正していき、正しい位置に骨を戻すことが出来ます。そうすると間に蓄積していた老廃物も自然に排出されますし、血流やリンパの流れも改善して顔全体のリフトアップや小顔効果を得ることが出来るのです。実際にこの施術を受けた方の多くは、一回目の施術後でも小顔効果を実感している方が多く、骨気を受けることが出来る美容施設では施術後に石膏パックを行うため、毎回の石膏パックで顔の骨格が整ってきているか実際に目で見て確認することが出来ます。
日本国内では、このマッサージを受けた芸能人が実際に小顔になったことが話題になり、2008年~2010年に大ブームをお越し、今では様々な美容施設でケアを受けられるようになりました。美容施設が増えたことにより施術にかかる費用も一回1~2万円と、当初よりも非常に安くなってきていることが大きな特徴です。
それでも毎回マッサージを受けるのは難しいと感じるなら、セルフケアで骨気を行うことは可能です。お手入れ方法の一つとして頬をリフトアップするなら、両手を握りこぶしの状態にしてから第二関節あたりの骨で頬骨の下側から5秒間ほどお仕上げます。この時に肘を机に置いて行うと頭の重さを利用して力を入れすぎることなく頬骨を押し上げることが出来ます。この時に注意したいのが肉を押し上げるのではなく、骨を上に押し上げることを意識しましょう。
顔のたるみの原因となる頬周りのたるみを解消したいなら、頬肉をシェイプアップするマッサージもおすすめです。手を組んで右手の親指の先端が左の目頭のすぐ下にくるように頬骨にあてて、親指に力を入れて頬骨の上部に親指をあてながら耳の方向に老廃物を押し流すイメージで圧をかけていきます。後は首の骨の真横のラインに沿って、耳の下部から首の付け根まで押し流せば完了です。

日本の美容常識を変えた韓国秘伝の骨気メソッド

骨気(コルギ)とは、美容大国韓国で発明された骨格矯正による美容法で、小顔化・美脚・腕・ボディラインなどのメニューがあります。骨に働きかけるのでかなりハードで痛みを伴うため、できる人とできない人がいます。痛みがどうしても怖いという人や、施術後に赤みや圧迫跡が残ったりしないか心配という人もいるようです。ただ、即効性と持続性という面では、他の美容法より優っているのはたしかです。現在日本で行われている骨気は、韓国のメソッドがそのまま輸入されて使われているのではなく、日本人用にアレンジされたメソッドになっています。一般のエステサロンなどで行われているマッサージ法は、皮膚や筋肉を刺激することで体液の流れを改善し老廃物を流す手法ですが、骨気は骨に直接圧をかけることにより、皮下組織と骨の間にある血管やリンパ管を刺激する手法です。施術にはマシンは使用されず、主として手で行われます。このメソッドにより、血液やリンパの流れを改善し、骨と骨のすき間にできた老廃物を流して排出します。小顔化する手法は、長年の顔の筋肉の動きの癖などで発生した頭蓋骨のズレや歪みを矯正します。頭蓋骨は22枚の骨から形成されており、そのズレや歪みによりほとんどの人の顔は左右非対称になっています。また、骨と骨の間に老廃物がたまっていると、むくみやたるみの原因になってしまいます。その骨と骨の間に溜まった老廃物を取り除くことで、すっきりしたフェイスラインやボディラインをつくることができます。一般のマッサージとの大きな違いは、その施術のハードさで、痛みを伴うことにあります。歪んだ骨格を矯正するのですから、かなりハードになるのは当然であり、1回の施術で効果がみられ持続性も長くなります。こうした骨気メソッドをDVDや本で紹介し、自分で保湿クリームなどを塗って骨を押しながら毎日数分間やるという人が増えています。毎日しっかり続けてやっていると、少し小顔になってきたといった効果を感じている人もいます。しかし、骨気は痛みを伴うほどかなりハードにやるものなので、DVDや本をみたり読んだりして自分でやるのには、かなり限界があります。やるとすれば、骨気サロンに通って、次の施術までの空いた時間に自分でやるというのが効果的であると思われます。メソッドDVDや本だけで、自分でやるのは、それで効果が現れる人もいますが、かなり困難であると思われます。セルフでやる方法は、指先や手のひらを使って、力はそれほど強くせず、優しくマッサージするといった方法です。毎日数分間続けることがポイントです。両手でこぶしをつくってフェイスラインを満遍なくマッサージする方法もあります。頬骨やおでこなどもやります。DVDやネット動画では、血行を促進して肌のトーンを均一にする方法や、エラ張りやしゃくれをすっきりさせるものや、鼻筋をくっきりさせるものなども紹介されています。動画をみながらセルフメソッドをマスターすることができるようになっています。

若返りメイクでいつまでも若々しく

女性にとって実際の年齢よりも老けて見えてしまうことは大変大きなショックを受けるものです。
少しでも若く見せたいとエステに通うことももちろん検討したいところではありますが、時間と予算の問題があります。
そこで、手軽に出来る方法としてメイクを見直して若返りを図ってみましょう。
メイクは女性にとって若く見せることも出来れば、年を重ねて見せることも出来るアイテムです。

 
学生の頃や若い頃は少し背伸びをしたくて大人びたメイクをすることもありますが、年を重ねてくると年相応のメイクへと変更していくべきでしょう。
いつまでも若い頃と同じ化粧品を使い、色も明るめの激しい色見ばかりを使っていては相手にいつまでも落ち着かない印象を与えてしまいます。
まず、第一印象を決める目ですが、人と初対面で会った時に見るのは目です。
年を重ねてくると目の周りがはれぼったく見えてしまったり、目頭にハリがなくなってきます。
ピンと張った印象を相手に与えるために、アイホールにはラメの入ったアイシャドウを使うことをおすすめします。

 
しかし、ここでピンク色など明るめの色見を使ってしまうと落ち着きなく見えるので、ベージュやブラウンなど落ち着いた色見でさりげなく瞼のハリを演出しましょう。
若い頃はアイメイクでも、アイラインを上下に塗ったり、太目のアイラインを引くこともありますが、年を重ねるとアイラインは太いよりも細い方が若返り効果が期待出来ます。
大きな目に見せる効果を期待して太く引く方もいますが、厚化粧な印象を与える上に、目がくすんで見えてしまうと老けて見えるというリスクもあります。

 
アイラインは細く、また目を大きく見せたいのであれば、目のきわまでしっかりとアイラインを描いてあげるほうが良いでしょう。
眉毛も自然な眉が理想です。今は太目の眉毛が流行していますので、昔流行ったような細い眉毛のままにしている方はこれを機に眉毛の太さも見直してみましょう。

痩せるためには普段の飲み物から気を付けよう

普段から意識せずジュースなどを多く飲んでいる人は、飲み物を変えるだけ痩せる体質に近づいていくことがあります。市販されている清涼飲料水などには想像したくないぐらいの砂糖が入っており、知らない間に多くの糖分を摂取していることになります。特に冷たいと甘さが感じにくくなるため、冷えている飲み物にはかなりの糖分が入っています。

 

ですので普段飲んでいるジュースなどを、無糖の飲み物に変えるだけで摂取カロリーを抑えることができます。お茶なども良いですがカフェインなどが気になる場合、おすすめは「炭酸水」です。最近では味は付いていなくてもフレーバーが付いていてゼロカロリーなのに様々な風味が楽しめる炭酸水がたくさん出ています。飲むと、炭酸の効果でお腹が膨れるため、食事や間食の量を減らすことが可能です。注意点として、飲みすぎるとお腹の中で胃液が薄まり、消化作用を弱めてしまうことがあります。また炭酸には食欲促進の効果もあるので、食前に飲むというよりはお腹がすいた際や口寂しいときに飲むようにしてください。

 

痩せやすい体質に近づけていくためには、朝と寝る前に「白湯」を飲むという習慣をつけることもおすすめです。白湯を飲むことで身体があたたまり代謝がアップしたり便通が良くなる効果があるのです。また、白湯を飲むことによって余分な水分や老廃物を排出することができデトックスにもつながります。お金もかからず簡単にできるダイエット法ですので、ぜひ試してみてください。はじめは味がなくて美味しくないなと感じていた方も、続けることによってお水の味を感じられるようになってきたということもあります。

 

どうしても甘い飲み物が恋しくなってきたら、できるだけあたたかい飲み物に白砂糖ではなくハチミツなどを入れて飲むなどすれば身体を冷やしにくく、摂取する糖分も控えめになります。普段から飲み物についても意識していき、健康な身体を手に入れていきましょう。

美容を求めるなら食べ物から

私たちの身体は食べ物から成り立っていると言っても過言ではありません。そのため美しい肌やハリのある髪など美容を求めるのであれば、食べ物を見直すことが重要なポイントになります。
例えば美肌、というとビタミンCを思い出す人もいるかもしれませんが、美肌になるためには血色をよくする必要もあります。寝ても目の下にクマが出来る、という人もいると思いますが、目の下のクマは寝不足で出来るのではなく、顔の血行不良で出来ている可能性が実は高いのです。そのため血行を改善するために鉄分の多い食材を食べたり、悪性貧血を改善する葉酸を摂ると良いでしょう。ちなみに葉酸は細胞分裂の活性化を促す効果があるため、美容効果の高い栄養素ともいえるかもしれません。

 
次に潤いのある肌を手に入れる栄養素と言えばコラーゲンがあります。コラーゲンはスッポンという印象もあるかもしれませんが、牛すじなどにも多く含まれています。牛すじは圧力鍋などで簡単にとろける状態にすることが出来るので、煮物やうどんなどにちょい足し食材として保存しておくと便利かもしれません。
他にも緑茶にはカテキンといった抗酸化作用の強い栄養素がありますし、ニンジンには老化を防ぐベータカロチンだけでなく食物繊維も豊富に含まれています。

 

鮭には免疫力を高めたり美肌効果もありますし、めかぶには血糖値の上昇を穏やかにしたり糖分の吸収を抑える効果も去ります。大豆製品は女性ホルモンに似た構造である大豆イソフラボンが豊富に含まれており、女性ホルモンはハリのある女性らしい身体を作るためには重要なホルモンであるため、ホルモンバランスが乱れていると感じる人には良い食べ物かもしれません。

 
美容効果を求めるのであれば、どれか1つに偏った食べ物の摂り方をすることは良くありません。マグネシウムを摂取することでカルシウムの吸収が良くなるように、複数の栄養素を摂取することで吸収率を上げることも出来ますし、偏った栄養素は身体の中で害をなす場合もあります。そのためよく聞く言葉ではありますが、バランスの取れた食事内容にして、どんな食べ物も適度に摂取することが大切なのです。