Monthly Archives: 3月 2021

サーモシェイプは、我慢できないほど熱いと感じることがあるのか

「サーモシェイプ」は、ラジオ波を使って体内の温度を上げることで脂肪を溶解させる、というエステ機器です。電子レンジは電磁波を使って食品を温めますが、サーモシェイプも基本的には同じ仕組みだと言えます。
また、サーモシェイプには、機器を当てた部分の脂肪だけを溶解してくれるという便利な特徴もあります。

しかし、熱を利用するエステと聞くと、熱かったり痛かったりするのではないか、ということを不安に思う人もいるでしょう。いくら効果があったとしても、熱すぎたりすると、気軽に施術を受けることが出来なくなってしまいます。実際の施術はどんな感じなのかというと、機器が当てられる肌の表面は冷却装置によって冷やされているのに、肌の奥は少し熱いという不思議なもので、「体が温まるような心地よい感覚」になると言われています。

ですが、熱さや痛みの感じ方には、個人差や部位による違いがあるため、場合によっては熱すぎると感じることもあるのです。傾向としては、ヒップや太ももといった脂肪の多い部位は、温泉に入っている時のような心地よい温かさになる場合が多いと言えますが、二の腕のような脂肪の少ない部位は、熱さや痛みを感じる人もいると言われています。こうした熱さや痛みは、その時に脂肪が燃えているからこそ感じるものなので、効果は発揮されているのだと言えるでしょう。

しかし、熱すぎたり痛みが強かったりすると、安心して施術を受けることが出来なくなってしまいます。ですので、施術中に異常に熱いと感じたり痛みが大きかったりする時は、我慢せずに、施術担当のスタッフへ申し出ることが大切です。そうすれば、一時的に施術を止め、マッサージをして熱を分散するなどの適切な処置をしてもらうことができます。
なお、サーモシェイプは熱を発生させるエステ機器ですが、それによって肌が火傷するようなことはない(冷却装置で肌の表面を冷やしている)ので、その点は安心してよいと言えます。