Monthly Archives: 6月 2019

若返りメイクでいつまでも若々しく

女性にとって実際の年齢よりも老けて見えてしまうことは大変大きなショックを受けるものです。
少しでも若く見せたいとエステに通うことももちろん検討したいところではありますが、時間と予算の問題があります。
そこで、手軽に出来る方法としてメイクを見直して若返りを図ってみましょう。
メイクは女性にとって若く見せることも出来れば、年を重ねて見せることも出来るアイテムです。

 
学生の頃や若い頃は少し背伸びをしたくて大人びたメイクをすることもありますが、年を重ねてくると年相応のメイクへと変更していくべきでしょう。
いつまでも若い頃と同じ化粧品を使い、色も明るめの激しい色見ばかりを使っていては相手にいつまでも落ち着かない印象を与えてしまいます。
まず、第一印象を決める目ですが、人と初対面で会った時に見るのは目です。
年を重ねてくると目の周りがはれぼったく見えてしまったり、目頭にハリがなくなってきます。
ピンと張った印象を相手に与えるために、アイホールにはラメの入ったアイシャドウを使うことをおすすめします。

 
しかし、ここでピンク色など明るめの色見を使ってしまうと落ち着きなく見えるので、ベージュやブラウンなど落ち着いた色見でさりげなく瞼のハリを演出しましょう。
若い頃はアイメイクでも、アイラインを上下に塗ったり、太目のアイラインを引くこともありますが、年を重ねるとアイラインは太いよりも細い方が若返り効果が期待出来ます。
大きな目に見せる効果を期待して太く引く方もいますが、厚化粧な印象を与える上に、目がくすんで見えてしまうと老けて見えるというリスクもあります。

 
アイラインは細く、また目を大きく見せたいのであれば、目のきわまでしっかりとアイラインを描いてあげるほうが良いでしょう。
眉毛も自然な眉が理想です。今は太目の眉毛が流行していますので、昔流行ったような細い眉毛のままにしている方はこれを機に眉毛の太さも見直してみましょう。