Monthly Archives: 3月 2019

痩せるためには普段の飲み物から気を付けよう

普段から意識せずジュースなどを多く飲んでいる人は、飲み物を変えるだけ痩せる体質に近づいていくことがあります。市販されている清涼飲料水などには想像したくないぐらいの砂糖が入っており、知らない間に多くの糖分を摂取していることになります。特に冷たいと甘さが感じにくくなるため、冷えている飲み物にはかなりの糖分が入っています。

 

ですので普段飲んでいるジュースなどを、無糖の飲み物に変えるだけで摂取カロリーを抑えることができます。お茶なども良いですがカフェインなどが気になる場合、おすすめは「炭酸水」です。最近では味は付いていなくてもフレーバーが付いていてゼロカロリーなのに様々な風味が楽しめる炭酸水がたくさん出ています。飲むと、炭酸の効果でお腹が膨れるため、食事や間食の量を減らすことが可能です。注意点として、飲みすぎるとお腹の中で胃液が薄まり、消化作用を弱めてしまうことがあります。また炭酸には食欲促進の効果もあるので、食前に飲むというよりはお腹がすいた際や口寂しいときに飲むようにしてください。

 

痩せやすい体質に近づけていくためには、朝と寝る前に「白湯」を飲むという習慣をつけることもおすすめです。白湯を飲むことで身体があたたまり代謝がアップしたり便通が良くなる効果があるのです。また、白湯を飲むことによって余分な水分や老廃物を排出することができデトックスにもつながります。お金もかからず簡単にできるダイエット法ですので、ぜひ試してみてください。はじめは味がなくて美味しくないなと感じていた方も、続けることによってお水の味を感じられるようになってきたということもあります。

 

どうしても甘い飲み物が恋しくなってきたら、できるだけあたたかい飲み物に白砂糖ではなくハチミツなどを入れて飲むなどすれば身体を冷やしにくく、摂取する糖分も控えめになります。普段から飲み物についても意識していき、健康な身体を手に入れていきましょう。