サーモシェイプとハイフの違いを理解して上手に使い分けましょう

体の脂肪はいざという時のためにエネルギーを蓄えるという働きがあるので、平熱の状態だと燃焼しにくい状態で“保存”されます。体を動かして体温が上がると、脂肪が溶けて燃焼しやすくなります。余分の脂肪を燃焼させてスリムな体型を取り戻すためには、まず最初に体温を上げて脂肪を溶かさなければなりません。このため、体を動かして脂肪を燃焼させるためには、20~30分ほどジョギングなどをして体温を上昇させて有酸素運動に切り替えさせなければなりません。有酸素運動をしなくても脂肪を溶かして燃焼させることができる方法が、サーモシェイプとハイフです。

サーモシェイプとハイフは、いずれも外部からエネルギーを与えて体内の脂肪の温度を上昇させて溶かすための装置です。ただし両者には脂肪に熱を加える仕組みや特徴の点で違いがあるので、目的に合わせて使い分けることが大切です。

サーモシェイプは40.68MHzのラジオ波(電磁波)を照射させて、内部の脂肪を溶かしてしまうための装置です。ラジオ波は体の深い部分にまで浸透することができ、広範囲にわたり脂肪を溶かす効果が期待できます。そのため、広い範囲の脂肪や内臓脂肪を効率的に除去ことができるという特徴があります。サーモシェイプは、お腹・背中・おしり・足・腕などについた大量の脂肪を取り除くのに向いています。

ハイフは4MHzの超音波(物理的な振動)を加えて皮下脂肪を溶かすための装置で、1.3cm以下の浅い部分で限られたエリアを集中して加熱することができます。ピンポイントで皮膚の浅い部分の脂肪を取り除くのに向いていて、広範囲の脂肪を除去することはできません。ハイフは顔のたるみなどのように、狭い範囲で脂肪を加熱させる目的で使用されます。

サーモシェイプとハイフは、いずれも熱で体の脂肪を溶かすという点は同じです。それでも、加熱することができる範囲や深さに違いがあるということを理解して、上手に使い分けをすることが大切です。”

サーモシェイプとハイフの違いを理解する

自己流のダイエットでは食事制限や運動が基本ですが、体重は落とすことはできても、それだけでボディメイキングをするのは難しいものがあります。ウエストまわりやヒップだけをサイズダウンさせるつもりだったのに、バストも落ちてしまったなど失敗の経験を持つ人は多いのではないでしょうか。

脂肪吸引なら、痩せたい部分だけスリムにすることもできますが、本格的な手術になりますので、ダウンタイムも長くなりがちです。そして、少しとはいえ、体にも傷を残すことになります。

ダウンタイムの心配もなく、それでいて効果的な痩身を目指すならエステサロンの施術も検討してみましょう。痩身エステサロンでは、様々なマシンが用意されており中でもサーモシェイプやハイフは体への負担が少なく、それでいて優れた効果が得られると評判です。

どちらの施術にするか迷っている人は、まずはそれぞれの違いを理解することから初めてみましょう。
サーモシェイプは高周波を出すマシンを使って摩擦熱を作り出し、深く広い範囲の脂肪層を溶かすことができます。さらに、コラーゲンの生成を促進させ、肌を引き締める効果もあります。
セルライトの解消や顔の痩身にも役立つ施術で、基礎代謝を上げる効果も期待できます。

これに対してハイフは、超音波で熱を一点に集めることで、シェイプアップできるマシンです。溶かされた脂肪組織は尿や汗と一緒に排出されることになります。脂肪を破壊する能力に優れており、リバウンドも少ないといわれています。
即効性を期待する人に向いている施術といえます。

悩みや体型によっても合う施術は違いますので、まずはカウンセリングを利用し、どちらの施術が向いているかを確認してみましょう。

多くの痩身エステサロンでは、低価格で利用できる体験コースも用意されています。サーモシェイプとハイフ、どちらの施術が良いかで悩んでいる人は、まずは体験コースでそれぞれの施術の違いを確かめてみてはいかがでしょうか。”

エステのサーモシェイプで気になる部位を引き締め

もっと効果的にボディラインを引き締めをしたい、そんな時にはエステの施術を検討してみるのがお勧めです。エステでは様々な施術を用意していますが、そのひとつにサーモシェイプがあります。これはラジオ波により、皮膚組織内に存在する水分子にアプローチし、発生した熱によって脂肪の溶解を促すというものです。

仕組みとしては電子レンジの要領で、血液やリンパの流れも促進させられるため、スムーズなサイズダウンに期待することができます。狙った場所を引き締められますので、部分痩せをしたい人に打ってつけなのはもちろんのこと、短期間での引き締めを目指す人からも人気があります。顔にも行える施術のため、あごのたるみの改善や、顔全体のリフトアップをしたい時にも大活躍です。

効果を発揮させるには複数回の施術が必要ですが、個人差はあるものの6回前後で変化を感じられることが多いです。そしてサーモシェイプの効果は半年から1年ほどは持続しますので、理想的なコンディションを保ちやすいと言えます。ペースは2週間に1回ほどで良く、通いに掛かる負担もコンパクトで済むでしょう。

施術時の痛みや熱さなどを気にされることもありますが、基本的に我慢ができないほどの不快感が出ることはありません。多少の熱感はあるものの、冷却も行いながら施術をするためヤケドが起こる心配もないでしょう。

知っておきたいデメリットもありますが、まず全体痩せには適していないことです。部分痩せに特化した施術であり、全体への引き締めを狙ったものではありません。体全体のダイエットや体重を落としたいなどの場合は、その他の施術も組み合わせて行う必要があるでしょう。

油断をするとリバウンドをするリスクがある点にも注意が必要です。脂肪細胞を減らす施術ではないため、引き締められたからといってケアを疎かにすると、もとの状態に戻る可能性があります。キープのためには普段からしっかりとセルフケアを行うことが欠かせません。

コルギの美容効果について

肌の調子を良くしたり、むくみを解決する方法としてフェイスマッサージをスキンケアに取り入れているという女性は少なくありません。数多くの美容施術の中でも、美容大国である韓国から伝わった「コルギ」が若い女性を中心に人気が高くなってきている傾向にあります。コルギとは韓国発症の美容法で、30年ほど前にイ・ビンチョル氏が婦人科系の病気治療のために開発した民間療法とされていましたが、美容効果の高さが話題になり、今では美脚や小顔など全身の美容ケアとして効果があるとして注目されています。
実際にどのような施術を行っていくかというと、骨と筋肉に圧力をかけることによって、全身の血流を改善しながら骨の位置を矯正する効果があります。一般的な美容ケアは繰り返し何度もお手入れを行う必要がある場合がありますが、コルギの場合一回の施術でも大きな効果を実感することが出来るなど、忙しい女性でも気軽に利用することができる点が人気の理由となっています。
ただこういったお手入れは、マッサージと同じなのでは?と感じる方は少なくありません。エステサロンで受けるマッサージとの大きな違いの一つが、痛みの有無だとされています。通常マッサージの場合筋肉を適度な刺激を与えてもみほぐしていき、リンパを流していくので痛みもなくリラックスした状態で受けることができる特徴があります。
しかしコルギの場合は骨と骨の間の筋肉や、頭蓋骨に直接圧力をかけて矯正を行う特徴を持っているので、力を入れて圧力をかける際に痛みを感じるという方は少なくありません。しかしこの施術を受けることで、短時間で得られる美容効果や持続力の高さは圧倒的にマッサージより勝っているといわれています。
最近では多くの美容施設で施術が受けられるようになっており、施術の流れとしてはカウンセリングを行って自分のコンプレックスに感じている部分を施術者に伝え、骨格の位置や肌の状態を元に適切なメニューを考えていきます。基本的にこの施術は小顔効果を目的としているので、顔のケアを行っていくため、着替えとクレンジングを済ませて施術に入ります。
本格的に骨と筋肉に圧力をかけるマッサージを行う前に、背中や首、デコルテを中心にリンパを流すマッサージを行うことで、凝り固まっている筋肉を柔らかくほぐしておきます。リンパケアを行ったら実際に骨に直接圧をかけていき、骨の間に蓄積しやすい老廃物を押し流して筋肉をほぐします。最後に骨を正しい位置に戻し、皮膚を持ち上げたら矯正が完了です。
多くのエステサロンでは、メニューの最後に石膏パックを行う場合が多く、石膏パックは40~42度の熱を発するので、顔の血行が促進され、引き締めケアが行なえます。石膏パックが完了すると、施術を行う前よりもむくみやたるみがとれて、小顔を得ることができるのです。
人間の顔は生活をおくっているうちに歪みが出てきます。そこで定期的にコルギを受けることで、二重あごがなくなりフェイスラインがシャープになったと実感する方も多く、最近では結婚式前のケアとしても人気が高くなっています。

小顔矯正におすすめのコルギ

韓国で行われていた美容法・コルギは、骨の位置を矯正して小顔にすることが出来る手法です。顔が小さくなるとして、日本でも美容に関心の高い女性を中心に人気を集めています。骨と筋肉に圧を加えるのがこの美容法の大きな特徴です。圧を加えて押し流すことによって、リンパの流れや血流を良くして老廃物をよりスムーズに流すことが出来ると言われています。文字にすると「骨気」とも書く美容法で、骨を押すようなイメージです。
顔にある骨と骨のあいだには、余分な水分や老廃物なども溜まりやすいと考えられています。余計なものが骨の間に挟まっているために骨と骨の間隔が広がって、顔も大きくなってしまうということです。骨の間に挟まっている、不要な水分や老廃物を取り除くことができれば、その分顔も小さくなりスリムになることができるでしょう。そのためこの美容法は顔の大きさに悩む人には特におすすめです。
コルギは骨に圧力をかけて、小顔にするのがメインの目的であることが多いですが、その美容効果は顔が小さくなるということばかりではありません。施術を受けて血流が良くなることによって、顔色が良くなったり目の下のクマやお肌のくすみまでが改善されることもあります。しかし、骨気のエステサロンや専門店に行くと、スタッフが力を入れて施術をしています。そのため痛みを感じることも多いのが、この美容法の特徴です。顔の骨に働きかけて顔の大きさを小さくすると聞くと、怖いように思うかもしれません。しかし顔の骨は体の骨とは違って、それほど力を入れなくても隙間を減らすことができます。老廃物が溜まっていると痛いことがあると言われているので、人によっては苦痛に感じることもあるでしょう。しかしコルギをおこなっているサロンの中には、あまり痛さのない、ソフトな施術が特徴なところもあります。ソフトなものであってもリンパの流れを良くする効果が期待できるので、小顔を目指すことが可能です。痛いのは嫌だけれども、小顔になりたいという人には、ソフトな施術をおこなっているサロンがおすすめです。
そんなソフトコルギは、韓国発祥の伝統的な手技をベースにした新しいタイプのメソッドで、骨気以外の手技の要素を取り入れた施術となっています。骨や筋肉に圧を加えておこないますが、それほど強く押すのではなく、痛くない程度の適度な圧力であるのが特徴です。リラクゼーションが得られるようなソフトなアプローチで、受けているときには眠ってしまう人もいます。しかしそれでも老廃物を流す効果が得られ、顔のむくみも撮ることが可能です。ゆったりと寛ぎながら受けることができ、リフレッシュ効果も感じられるでしょう。
韓国伝統のものと、色々な国の手技メソッドを取り入れたソフトコルギはまた違ったものであるといえます。どちらもそれぞれの魅力があるので、エステサロンや専門店で受けてみて、比べてみるのもおすすめです。好みに合うものが見つかるでしょう。